キャリアアップ転職は難しく考えない。3つの成功・失敗ポイントを紹介

この記事は、こんな悩みに答えます。

悩み

・転職でキャリアアップは難しいの?

・キャリアアップ転職の失敗例・成功例を知りたい!

・転職でキャリアアップするにはどうすればいいの?

「今の会社では、キャリアアップできないので、転職したいです!」こんな相談をよくもらいます。

焦る気持ちも、すごく良くわかります!

この記事の結論

  • でのキャリアアップは、『まず自分でゴールを決める』
  • リアルな失敗例成功例を知ると、転職成功に近づく
  • キャリアアップ転職をするには、”情報”が命

▼この記事の信頼性

記事の内容

・キャリアアップ転職は難しく考えない。|まず1つ『目的』を決める

・キャリアアップ転職の失敗例・成功例3つ

・転職してキャリアアップする3パターン|”情報収集”が命

それでは解説していきます。

キャリアアップ転職は難しく考えない|まず1つ『目的を決める』

転職でキャリアアップを目指すのは、なんだか難しそう…

 

難しく考えなくても大丈夫です! まずは、転職前に、自分の中の『キャリアアップを定義』しましょう。

 

なぜなら、キャリアアップした姿=ゴールを決めないと、目的地がわからないまま、転職することになるからです。

 

具体的には

・35歳までに年収〇〇円になる

・30歳までに管理職になりたい

・40歳までに簿記2級資格を取得したい

・38歳までに市場価値をさらにUPさせる

 

自分の中で、なかなか定義できない場合は、下記のキャリアアップ転職の定義を参考にしてください。

キャリアアップの参考例:

・収入UP(年収など)

・スキルUP(資格など)

・市場価値UP(どの会社にも必要とされる)

・心の健康UP(労働環境改善など)

自分の中で、キャリアアップを定義してから、転職でキャリアアップを目指しましょう!

次に、私が今まで出会ってきた転職相談者の、キャリアアップ転職の失敗談・成功談をご紹介します。

キャリアアップ転職の失敗・成功ポイント3つ

キャリアアップ転職を目指すときに気を付けることはありますか?

 

はい。実際に私が相談いただいたケースを参考にしてみてください!

【失敗ポイント3つ】

①理想と現実のギャップ

②企業分析を充分にしていない

③転職目的が、あいまい。

【成功ポイント3つ】

①転職後の”未来”もイメージしている

②成長している業種・職種へ転職

③自分の転職条件に優先順位をつけている

それぞれ解説していきます。

失敗ポイント① 理想と現実のギャップが大きい

転職前に、理想と現実のギャップをできるだけ少なくしておかないと失敗します。

 

理由は、転職した後に「聞いてた話と違うよ〜!」となるのを、防ぐためです。

 

私が転職相談の中で、聞いたケースだと…

具体的には

・年収UPで入社したが、実際は固定給が少なく、成果報酬の割合が多かった

・やりたい仕事で転職したが、別部署に配属されてモチベーションが下がった

・転勤が嫌で転職したが、転職先も転勤があった

・残業や休日出勤をなくすために転職したが、転職先でも同じことがあった

転職前に、理想と現実のギャップをできるだけ把握するには、事前の情報収集が大切になります。

おすすめは、転職エージェントや口コミサイトで、市場に出ていない情報を取得することです。

【実体験】おすすめ転職エージェント7|選び方・活用方法を現役エージェントが解説

失敗ポイント② 企業分析を充分にしていない

企業分析をしないで転職すると、キャリアアップ転職に失敗します。

 

なぜなら、企業を理解していないと、転職後の変化に対応できないからです。

 

具体的には

・事業縮小している

・売り上げが下がっている

・離職率が高い

・残業や休日出勤が多い

・ボーナスが出ていない

転職前に、企業情報をチェックする方法は、下記を参考にしてください。

・転職エージェント

・クチコミサイト

・日経新聞

・企業HP

転職前に、企業分析を行えば、キャリアアップ転職の成功率も上がります。

失敗ポイント③ 転職目的が、あいまい。

転職する目的が、明確に決まっていないと、キャリアアップ転職に失敗します。

 

理由は、目的が明確じゃないと、転職後にブてしまい、また転職するハメになるからです。

 

具体的には

・なんとなく今の仕事が嫌で転職したけど、転職先でも、辞めたくなった。

・違う環境にチャレンジしたくて転職したけど、なんかしっくりこない

原因は、自分の本音に向き合えていないからです。

そんな時は、転職前に自己分析をすることで、本当の転職理由に出会えます。

転職で役立つ!実際に使った自己分析ツール3選

成功ポイント① 転職後の”未来”もイメージしている

転職後の未来もイメージできていると、キャリアアップ転職が成功しやすいです。

 

なぜなら、転職はゴールではなく、”スタート”だからです。

 

具体例

・26歳で転職(年収380万)→30歳で年収500万円を目指す

・30歳で転職(無資格)→33歳で、〇〇資格を取得し、市場価値を上げる

・35歳で転職(役職なし)→40歳で、管理職になりマネジメント経験を積む

転職後の未来も、転職前に描けていると、キャリアアップ転職の成功に繋がります。

成功ポイント② 成長している業界に転職

成長している業界へ転職することで、キャリアアップに近づきます。

 

なぜなら、成長産業では、世の中から必要とされている=給与水準が高くなる傾向があるからです。

 

具体的には

・IT分野(データアナリスト・システムエンジニア・IT営業など)

・介護分野(介護職・サービス提供責任者など)

・製造※半導体分野(技術職・設計など)

・EC分野(ECサイト運営など)

・WEB分野(WEBマーケティング・広告運用など)

成長している分野・産業を知るためには、日々の情報収集が欠かせません。

常にアンテナを張るには、仕事をしながらだと厳しいです。

そんな時は、転職エージェントと面談してみることがおすすめです!

私自身も、転職活動中に、私の代わりに業界情報などを調べて情報を教えてくれて、とても助かりました!

転職エージェントとの面談内容やコツ28選を紹介

成功ポイント③ 自分の希望条件に優先順位をつけている

キャリアアップ転職時に、自分の希望条件に優先順位をつけられている人は、成功しやすいです。

 

理由は、キャリアアップする目的・希望条件がはっきりしているので、ブレずに求人を選べるからです。

 

具体的な流れ

  • 転職の希望条件を洗い出す
  • 希望条件にランキングをつける
  • 必須/あれば尚可に分ける
  • 必須条件で絞って求人を探す
  • 必須条件で無ければ、必須→あれば尚可にスライドする

 

具体例

1.年収500万円以上/転勤なし/営業職/残業なし

2.①年収500万以上②営業職③転勤なし④残業なし

3.必須①年収500万以上②営業③転勤なし/あれば尚可④残業なし

4.絞ってみたけど、求人無かった

5.①②は必須に残して、③転勤なしをあれば尚可にしたら求人発見

キャリアアップ転職は、自分のとっての”転職する目的”を整理することが大切です。

転職してキャリアアップする3パターン|”情報収集”が命

失敗・成功例はわかったけど、実際に転職でキャリアアップするには、どうすればいいの?

 

私が転職支援をしてきた中で、実際にキャリアアップにつながっている3パターンをご紹介します!

 

ポイント

①同じ業界・同じ職種への転職

②同じ業界・新しい職種への転職

③新しい業界・同じ職種への転職

こちらは、私が何度も読んでいる、著者motoさんの本『転職と副業のかけ算』の”軸ずらし転職”も参考にしています。

①同じ業界・同じ職種への転職

同業種・同職種への転職は、一番キャリアアップにつながりやすいです!

 

なぜなら、即戦力として、企業が判断するケースが高いからです。

 

具体的には…

・IT業界のSE:年収400万→IT業界のSE:年収450万

・人材紹介の営業:年収500万→人材紹介の営業:年収550万

・WEB業界のマーケティング450万→WEB業界のマーケティング年収500万

上記のように、同業種・同職種であれば、採用する側も即戦力として採用したいので、年収UPを提示しやすいです。

②同じ業界・新しい職種への転職

同業界で、新しい職種への転職の場合、業界知識はそのままに、新しいスキルを習得することができます。

例えば

・IT業界の営業→IT業界のSE /営業スキル・SEスキルが身に付く

・飲食業界の調理→飲食業界の接客 /調理と接客スキルが身に付く

・福祉業界の介護職→福祉業界の営業 /業界知識を営業に活かせる

年収は落とさずに、新しいスキル(職種)習得におすすめです!

③新しい業界・同じ職種への転職

職種をそのままに、新しい業界へチャレンジするのも、キャリアアップにつながります。

 

なぜなら、職種のプロフェッショナルに近づくからです。

 

具体的には

・人材業界の営業→WEB業界の営業/ 営業の幅が広がる

・アパレル業界の販売→通信業界の販売/ 接客スキルを活かせる

キャリアの幅が広がり、職種のプロフェッショナルに近づきます!

<注意>すぐにキャリアアップに繋がらない転職|異業種・異職種

今までと、全く違う業界・職種へ転職するときには、注意が必要です。

0からのスタートになりますし、年収も下がるケースが多いです。

もちろん、覚悟と新しいことに挑戦したい気持ちがあれば、成功する方もいます。

異業種・異職種への転職の際は、しっかり情報収集することをおすすめします!

おすすめは、転職エージェントを活用することです!

私も2回の転職経験で、非常にお世話になりました!

【20代・実体験あり】おすすめ転職エージェント3選+特化サイト|選び方・活用方法を解説

30代から】おすすめ転職エージェント4選+特化サイト|プロも活用中!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

記事の内容をまとめると…

記事のまとめ

  • キャリアアップ転職は、”自分の中のキャリアアップを定義する”
  • キャリアアップ転職は、”自己分析と情報収集”が命
  • キャリアアップ転職は、”軸ずらし転職”で叶える

 

・キャリアアップする方法をもっと知りたい方は…

【キャリアアップ】何すればいい?3ステップ|転職・副業・仕事を上手く活用

・面接の志望動機で、「キャリアプラン」を聞かれたら…

「将来のキャリアって何?」例文あり|仕事・面接で役立つフレームワークも紹介

・キャリアアップとスキルアップの違いを知りたい方は…

キャリアアップとスキルアップの違い3つ|【目的と手段】スキルは添えるだけ。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです!

-キャリアアップ

Copyright© テンフクブログ〜転職・副業ノウハウで人生1UP〜 , 2022 All Rights Reserved.