転職エージェントと直接応募どっち?|両方使う3ステップで成功掴む

この記事は、こんな悩みに答えます。

悩み

・転職エージェントより直接応募の方が採用されやすい?

・それぞれのメリット・デメリットを知りたい!

・同じ求人に、エージェントと直接応募したらどうなるの?

・結局、直接応募とエージェントどっちがいいの?

直接応募の方が熱意が伝わるかな?でもエージェント経由の方が安心だし…というお気持ち、すごくわかります!

 

この記事の結論は「転職エージェントに登録しながら転職活動のレベルを上げて、直接応募も活用」です。

この記事で得られる未来

  • 結論:両方(エージェントでレベル上げし、直接応募にも活かす)
  • エージェント・直接のメリット・デメリットをプロ目線で理解
  • 同じ求人へ応募するときの注意事項を知れる
  • プロが薦める転職サービスを知れて役立つ

▼この記事の信頼性

下記の目次内容を紹介していきます。

一緒に、転職エージェント・直接応募の極意を学んでいきましょう!

転職エージェントと直接応募どっちがいい?|結論【両方使う】

転職エージェント経由で応募するのと、直接自分で応募するのって、どっちが有利なの?

 

今まで求人募集している人事担当者1000人以上と話してきましたが、結論は、どちらも変わらないです。

理由は、前提として、募集条件(スキル・経験・人柄など)を満たしていれば、無料だろうが、お金を払おうが、採用したいのが本音だからです。

 

人事担当者目線の採用コスト

直接応募(ハローワークや自社HP):0円

転職エージェント:年収30%(100〜300万)

転職サイト:掲載料20〜50万円

これ見たら、直接応募の方が採用されやすいじゃん!

 

そう思いますよね!しかし転職エージェントを活用することで、転職の基礎知識・書類作成・面接スキル・条件交渉スキルが上がります!

すると転職エージェントでも採用されやすくなり、得た知見で直接応募の採用率も上がるのです!

両方理解する事で、使い分けて転職活動することが可能になります!

エージェント&直接応募の使い分けの3ステップ

転職エージェントと直接応募を効率よく使う手順を紹介します。

step
1
転職エージェントへ登録し、情報収集しながら、転職レベルを上げる

step
2
転職エージェントから紹介された求人には、基本エージェント経由で応募

step
3
転職エージェントで得たノウハウを活かして、直接応募のみの企業へ応募

それぞれ解説します。

①転職エージェントへ登録し情報収集しながら、転職レベルを上げる

転職活動を始める際には、まずは、転職エージェントへ登録しましょう!

え!求人応募してないのに、いきなり転職エージェントへ登録できるの?

 

大丈夫です! なぜなら転職エージェントは、求人への応募でなくても、まずはキャリアカウンセリングで、その人の希望条件や強みを引き出し、自分に合った求人を紹介してくれます!

 

他にも転職エージェントは、下記サービス受けながら、転職レベルを上げることが可能です。

具体的には…

・キャリアカウンセリング→自己分析力

・求人案内→情報収集力

・書類添削→応募書類作成力UP

・面接対策→面接力UP

・条件交渉→自己アピール力UP

・退職交渉のアドバイス→退職手順マスター

・入社前のアドバイス→転職後のイメージ力

 

転職エージェントに登録して、キャリアカウンセリングを受けるだけでも、自分の考えが整理され、転職レベルを上げることができます。

もちろん、転職エージェント経由で応募した求人に採用されるケースもあります!

②転職エージェントから紹介された求人には、基本エージェント経由で応募

下記の場合は、基本的に転職エージェント経由で応募しましょう!

・転職エージェントサイトに掲載している求人案件

・転職エージェントから紹介された求人案件

なぜなら、企業が転職エージェントに人材紹介を依頼している求人だからです。

 

企業目線:「転職エージェントからの紹介であれば、良い人材だ!」

こうなる背景は、転職エージェントに募集依頼する目的にあります。

依頼背景は?

・転職エージェントに人を探してほしい!

・振るいにかけて人を紹介してほしい!

・即戦力人材を採用したい!

・退職者にバレないように、後任を探してほしい!

以上の背景から、転職エージェントで求人募集が出ている場合は、素直に、そのレールに乗っかった方が通過率が良くなります。

③転職エージェントで得たノウハウを活かして、直接応募のみの企業へ応募

転職エージェントとの転職活動で得たノウハウを、直接応募で活かします。

磨いた”転職力”

・キャリアカウンセリングで得た、”自己分析力”

・業界情報や企業情報

・履歴書などの作成経験

・面接でのアピール力

・雇用条件の交渉力

・退職交渉など

これらの経験を活かして、直接応募のみ受け付けている求人へ応募してみましょう!

私の経験上、直接応募のみを受け付けている企業の特徴は下記です。

【直接応募のみを行なっている企業の特徴】

参考

・学校法人・NPO法人(HP)

・ベンチャー企業(ダイレクトリクルーティングなど)

・地方の中小企業(ハローワークのみ)

・誰もが知っている大企業(企業HPのみ)

・未経験OKの求人(ハローワーク・企業HPなど)

 

これらの企業は、下記の背景で、転職エージェントを使いません。

エージェントを使わないワケ

・ネームバリューがあり、転職エージェントを使う必要がない

・年収30%の手数料が高すぎて使えない

・転職エージェント経由だと手間がかかるので直接応募のみ

自分で興味がある企業は、転職エージェントで募集していなければ、直接応募をしてみましょう!

転職エージェントのメリット7つ・デメリット5つ|おすすめできる人

改めて、それぞれのメリット・デメリットと、使うべき人の特徴を見ていきましょう!

【転職エージェント経由応募のデメリット】

1.登録から選考まで時間が掛かる

2.エージェント担当から応募を止められる

3.担当によってスキルに差がある

4.無理に転職を進めてくる担当もいる

5.企業の採用ハードルが若干上がる

 

転職エージェント経由で登録・応募すると下記のメリットがあります。

【転職エージェント経由で登録・応募するメリット】

1.自分のキャリアを見つめ直せる

2.直接応募では出会えない非公開求人を紹介してくれる

3.入社後のミスマッチを防げる

4.書類選考・面接アドバイスをしてくれる

5.内定後の条件交渉もフォローあり

6.求人に乗っていない情報(社風・労働環境など)を得られる

7.メールや電話やりとりも間に入って調整してくれる

 

エージェントがおすすめな人

・キャリアプランが決まっていない人

・誰かに転職サポートをしてほしい人

・転職を失敗したくない人

・仕事をしながら転職活動をしている人

直接応募のメリット4つ・デメリット3つ|おすすめできる人

次に、直接応募のメリット・デメリットと、おすすめできる人を紹介します!

【直接応募のデメリット3つ】

1.自分で書類選考・面接日程・条件交渉を行う手間がある

2.客観的に自分にアドバイスしてくれる人がいない

3.求人サイトに載っていない非公開求人に出会えない

 

【直接応募のメリット4つ】

1.自分のペースで応募ができる

2.熱意があると感じてもらえる

3.企業の採用コストが0円で済む

4.転職サイト・エージェントを利用していない企業に有効

 

直接応募がおすすめな人

・応募したい企業が決まっている

・ある程度、キャリアプランがある人

・自己管理できる人

・給与交渉や書類関係が1人でもできる人

 

それぞれのメリット・デメリットを意識て【使い分けていましょう!】

1つの求人へ同時応募NG|理由も解説

転職エージェント&自分の直接応募で、同じ求人への応募は絶対にNGです

理由としては…

注意ポイント

・企業が混乱する

・自己管理ができていないと思われる

・転職エージェントの信頼を失くす

・どっちの応募が優先かトラブルになる

・今後、応募ができなくなってしまう

 

実際に私も、転職エージェントとして求人案内を求職者の方へ行ったのですが、実は事前に自分でも同じ求人に応募していて、企業さんから「どういうこと!?」と連絡が来たことがあります。

転職エージェント経由で募集が出ている場合は、エージェント経由のみで応募した方が、綺麗に進みます。

おすすめの転職エージェント2選|直接応募の時に役立つサイトも紹介

私が直接応募と併用しておすすめできる転職エージェントは、下記の2社です。

おすすめエージェント2社

・転職エージェントに迷ったらまずここ!リクルートエージェント

・求人サイトと転職エージェント機能を併用!DODA

リクルートエージェントは、実際に私も利用したことがある転職エージェントになります!

 

DODAは、直接応募・転職エージェント機能を使い分けることができる転職サイトです。

 

自分で直接応募をする場合は、情報収集がカギになります!

私も転職する時に実際に使ったが、転職会議です!

転職会議とは?

1.国内最大級100万件以上!会社の口コミ情報が充実している、転職サイトです。
2.会員数500万人以上!日本中の企業の口コミが見れます。
3.転職会議独自の求人+大手求人サイトの募集案件もチェックできる!

サイト内をしっかり確認して、有効活用しましょう!

まとめ

今回は「転職エージェントと直接応募どちらか」について解説しました。

使い分けも大切ですが、そもそもの転職活動の正しい手順や転職エージェントの活用についてはさらに重要です。

以下の記事では「在職中・転職活動の正しい6ステップ」「おすすめ転職エージェント」について解説しているので、ぜひ合わせてお読みください。

【転職活動】6ステップ(準備〜入社まで)を解説|在職中でも安心!

続きを見る

【20代・実体験あり】おすすめ転職エージェント3選+特化サイト|プロが解説

続きを見る

【30代から】おすすめ転職エージェント4選+特化サイト|プロも活用中!

続きを見る

-転職エージェント