退職を伝えるタイミング【いつ・誰に・何を?】|転職ノウハウを紹介

こんなお悩みありませんか?

悩み

・内定をもらったけど、退職申請のタイミングに迷う…

・退職はまず、誰に伝えればいの?

・退職意思の伝え方を知りたい!

・引き止めにあったらどうする?

・退職までの流れを知りたい!

退職交渉なんて、普段することが無いので、不安になりますよね?

実は、この記事を読むと、円満退社に向けて、退職交渉をスムーズに進めることができます。

▼この記事の信頼性

記事の内容

・退職申し出のタイミング【いつ・誰に・何を伝える?】

・退職交渉のコツ5つ

・退職が受理された後の流れ

・まとめ

それでは解説していきます!

退職申し出のタイミング【いつ・誰に・何を伝える】

結論からお伝えすると、理想の退職申し出は下記です。

退職交渉のタイミング

【いつ?】転職先に内定もらい次第すぐ

【誰に?】まずは直属の上司に伝える

【何を?】退職希望日・理由を必ず伝える

それぞれ解説していきます。

【いつ】内定もらい次第すぐ(退職日の1〜3ヶ月前)

転職先に、内定をもらったら”なるべく早めに”現職へ伝えましょう!

一般的には、退職希望日の1〜3ヶ月前に伝えます。

理由は、下記の2つです。

理由

・退職に伴う、現職の業務引き継ぎ・後任探し

・転職先の入社準備など

退職交渉はメンタルがやられるので、伝えるまでに時間がかかることがありますが、なるべく早めに伝えましょう!

【誰に】まずは直属の上司に退職意思を伝える

退職申し出は、まずは直属の上司へ伝えます。

なぜなら、いきなり人事部や社長に対して、退職申し出をすると、直属の上司との関係悪化につながり、トラブルになりやすいからです。

具体的には…

「お話があるので、◯月◯日に、少しお時間をいただくことは可能でしょうか。」

ポイント

・繁忙期を避ける

・口頭が気まずければメールでもOK

最初に、直属の上司へ退職申し出をすることを心がけましょう!

【何を?】退職希望日・理由を必ず伝える

退職申し出の時に、伝えた方が良い内容は、シンプルに以下の2つです。

・退職希望日

・退職理由

具体的には…

①「お忙しい中、お時間をいただきありがとうございます。」

②「実は、◯月◯日で退職をさせていただきたいです。」

③「理由は、〇〇のためです。(ネガティブNGかつ個人的な理由を伝える)」※後ほど具体例お伝えします。

④「今までお世話になった中、大変申し訳ないのですが、ご検討よろしくお願い致します。」

ポイント

・退職願を提出する※ただし、退職の申し出は口頭だけでもOK

・強い口調で「絶対やめます!」など言わない。

退職申し出は、内定後なるべく早めに、直属の上司へ、「退職希望日・退職理由」を伝えます。

続いて、退職交渉を円滑に進める5つのコツを紹介します。

退職交渉のコツ5つ

退職交渉のコツ5つ

①相談ではなく報告スタンス

②ネガティブな理由を言わない

③断りにくい退職理由を伝える(具体例あり)

④猶予を持って伝える(退職の1〜3ヶ月前)

⑤事前に就業規則や有給をチェックする

それぞれ解説していきます。

 ①相談ではなく報告スタンスでいく

退職することを心に決めて、退職願を出すときに、相談ベースで行くと強い引き止めに合う可能性が高いです。

具体的には…

OKパターン

「お忙しい中、お時間いただいて申し訳ありません。」

実は退職することを決意しました。理由としては、〇〇です。今までお世話になり大変、心苦しいのですが、よろしくお願い致します。」

NGパターン

実は退職を考えていまして、迷っています。理由は〇〇です。」

「ご検討いただくことは可能でしょうか?」

上司に退職の選択権を与えてしまうと、引き止めに合うことがほとんどです。

退職の話をした時点で、今の会社でも働きずらくなってしまうので、

退職申し出をする時は、退職を決意した状態で、報告するようにしましょう。

②ネガティブな理由を言わない

退職交渉を行うときは、決してネガティブ要素を言わないことが大切です。

なぜかというと、マイナスな印象を与えてしまい、退職までの期間も気まずくなりますし、転職しても、今後関わる可能性もあるからです。

具体的には

・給与が低い

・人間関係

・仕事内容は嫌だ

・体力的にきつい

やめる理由を全て会社のせいにしてしまうと、残りの対象期間が会社に居づらくなってしまいます。

いざ転職した後も、会社同士の取引があった場合転職先にも影響が出てきます。

解決策としては、ポジティブな理由で、退職理由を伝えることをおすすめします。

 ③断りにくい退職理由を伝える(具体例あり)

退職交渉は、断りにくい退職理由を伝えることが大切です。

理由としては、仕事の不満や給料の事などの、退職理由を伝えると、引き止められる可能性があるからです。

逆に個人的な理由は、会社が介入しにくく、断りにくくなります。

具体的には

・家庭の事情で退職したい(子育てや介護など)

・一身上の都合で退職したい

・自身の体調不良で退職したい

・次の転職先が決まっているので退職したい

ポイントは、個人的な理由で伝える事をおすすめします!

※退職が、会社に原因があることを伝えると切り返されてしまう場合があるからです。

④期間に猶予を持って伝える(退職の1〜3ヶ月前)

退職交渉の際は、期間に余裕を持って退職意思を伝える事です。

理由は、業務引き継ぎ・後任の人選など、会社にも配慮が必要になるからです。

ベストなのは、退職予定日の1〜3ヶ月前に伝えることです!

円満退社に向けて、余裕を持って退職申し出をすることが大切になります。

⑤事前に就業規則や有給をチェックする

退職交渉の前に、事前に就業規則や残有給数をチェックする事をおすすめします。

なぜなら、会社によって退職に関する規定が違うからです。

具体的には

・退職申請は、1ヶ月前にすること

・有休消化は、最終出社前に行うことなど

就業規則や会社独自の退職ルールを知らない状態で、退職交渉を行うと、トラブルの元になります

退職する前にはしっかりと、就業規則を確認するにしましょう。

次に、退職交渉がうまくいった場合の退職までの流れをご紹介します。

退職が受理された後の流れ

step
1
退職届を提出

step
2
退職日の調整

step
3
業務の引き継ぎ

step
4
退職に関わる書類依頼

step
5
最終出勤日

ポイント①

【退職願と退職届の違い】

・退職願は、会社に退職を願い出る書類

・退職届は、退職が確定した時に届け出る書類

ポイント②

【退職日の調整】

退職日は、会社の希望も聞きながら決める

※有給消化も考慮し計画的に決める

ポイント③

【業務引き継】

業務引き継ぎは、社内・社外に分けて行う

挨拶もしっかり行う

ポイント④

【退職後に必要な書類を”会社へ依頼”する】

・雇用保険被保険者証

・年金手帳

・源泉徴収票(年末調整・確定申告で必要)

・離職票(次の仕事決まってない時に必要)

ポイント⑤

【最終出勤日】

・貸与物の返却

・お世話になった社内外への挨拶

・身の回りの清掃

まとめ

いかがでしたでしょうか?

記事の内容をまとめると…

退職交渉のタイミング

【いつ?】転職先に内定もらい次第すぐ

【誰に?】まずは直属の上司に伝える

【何を?】退職希望日・理由を必ず伝える

退職交渉のコツ5つ

①相談ではなく報告スタンス

②ネガティブな理由を言わない

③断りにくい退職理由を伝える

④猶予を持って伝える(退職の1〜3ヶ月前)

⑤事前に就業規則や有給をチェックする

退職後の流れ

ステップ1退職届を提出

ステップ2退職日の調整

ステップ3業務の引き継ぎ

ステップ4退職に関わる書類依頼

ステップ5最終出勤日

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

転職活動の全体の流れを知りたい方は、転職活動のスタート〜内定までの流れ・準備の重要性をご覧ください。

-転職活動

Copyright© テンフクブログ〜転職・副業ノウハウで人生1UP〜 , 2022 All Rights Reserved.