キャリアの棚卸しとは?『転職の土台作り』|やり方4ステップも紹介

こんなお悩みありませんか?

悩み

・キャリアの棚卸しって何?
・なぜ?キャリアの棚卸しが必要なの?
・具体的にどんなことをすればいいの?

キャリアの棚卸しって聞くけど、具体的にどうすれば良いか、わからなくなりますよね?

実は、この記事を読むと、「キャリアの棚卸し」の目的と具体的な方法を知ることができ、転職成功へ近づけることができます。

▼この記事の信頼性

記事の内容

・キャリアの棚卸しとは『転職の土台作り』

・キャリアの棚卸しのメリット4つ

・キャリアの棚卸しのやり方4ステップ

それでは解説していきます!

キャリアの棚卸しとは?『転職の土台作り』

キャリアの棚卸しとは、「これまでやってきた仕事の実績・経験・スキルを洗い出し整理すること」です。

なぜキャリアの棚卸しが重要なのか?

自分自身を知ることで、転職活動の様々なシーンで活かせるからです。

ポイント

・自分に合う職場を探しやすい

・履歴書/職務経歴書に書けるネタが増える

・面接でアピールできる

・未来のキャリアを考えるきっかけになる

以上のことから、キャリアの棚卸しをすることで、『転職の土台作り』ができます。

では具体的に、メリットを解説していきます。

キャリアの棚卸し|メリット4つ

メリット4つ

①自分に合う求人を探しやすくなる

②履歴書・職務経歴書に活かせる

③面接に活かせる

④自分の市場価値を知れる

自分に合う求人を探しやすくなる

キャリアの棚卸しをすると、自分の経験に見合った求人を探しやすくなります。

理由は、棚卸しをする事で、自分のスキル・経験・実績が目に見えて分かるからです。

自分のスキルが分からない状態で応募しても、不採用になるか、入社できたとしてもミスマッチになってしまいます。

自分のスキル・経験などが分かれば、求人サイトで検索する時もラクになります!

履歴書・職務経歴書に活かせる

キャリアの棚卸しをすることで、履歴書・職務経歴書を作成する時に役立ちます。

なぜなら、書いた内容が、そのまま応募書類に反映できるからです。

具体的には…

履歴書:職歴欄、志望動機、自己PR、資格欄など

職務経歴書:職歴、仕事内容、実績、スキルなど

履歴書・職務経歴書は、考えながら作成すると、時間がかかりますが、事前にキャリアの棚卸しをしておくとスムーズです!

面接に活かせる

キャリアの棚卸しは、面接にも活かせます。

これまでの仕事の、強み・弱み/成功・失敗エピソードなどを棚卸しする事で、面接で説得力のある話ができるからです。

引き出しを多く持つ事で、自分の自信にも繋がります。

自分の市場価値を知れる

キャリアの棚卸しを行うと、自分の市場価値を知り、今後の人生を考えるきっかけになります。

理由は、経験・スキル・資格などを知ると、今の自分だったら、どんな選択肢(求人)があるか、又は何が足りないか?がわかるからです。

例えば…

今の自分

営業経験あり、マネジメント経験あり、キャリアコンサルタント資格あり

選択肢

・年収500万円/人材紹介営業/経験者のみ

・年収450万円/IT営業/業界未経験OK

なりたい姿

・年収600万円、人事コンサル

足りないもの

・人事経験、評価経験

・人事制度企画立案の経験

・利益算出経験など

自分になんて大した資格や経験は無いと思っても、企業からしたら欲しい経験だった!なんて事もあります。

ぜひ目に見えるスキル、資格から、目に見えない経験、成功体験、価値観など、キャリアの棚卸しをしてみましょう!

具体的に、やり方をお伝えしていきます。

キャリアの棚卸しのやり方 4ステップ

改めて目的は、自分のキャリアを整理する、『転職の土台作り』です。

キャリアの棚卸しは、下記の4ステップで進めます。

step
1
今の仕事内容を箇条書き(細かく)

step
2
実績・スキル・経験・成功、失敗エピソードを書き出す

step
3
今までの職歴全てで、同じ作業を繰り返す

step
4
職務経歴書へまとめてみる

それぞれ解説していきます。

STEP① 今の仕事内容を箇条書き(細かく)

1つめは、今の仕事内容を書いていきます。

1の流れで、書いていくと、やりやすいです。

例えば…『人材営業』の場合

『人材営業』の場合:

・メールチェック
・電話対応
・市場リサーチ
・営業電話(新規)
・見積もり作成
・キャリアカウンセリング
・求人作成
・商談
・人材提案
・企業との価格交渉など

ポイントは、できるだけ細かく出す事です。

自分では大した事ない経験でも、企業が欲している経験の場合があるからです。

次に、仕事内容を通して実績・身についたスキル・経験を洗い出します。

 STEP② 実績・スキル・経験を書き出す

仕事内容を箇条書きにしたら、そこから得られた実績・スキル・経験を洗い出します。

経験・スキル・実績

・メールチェック→経験:ビジネスメール

・電話対応→経験:電話応対

・市場リサーチ→スキル:マーケティング

・営業電話(新規)→スキル:新規テレアポ

・見積もり作成→スキル:Excel、Word

・キャリアカウンセリング

→スキル:資格(キャリアコンサルタント)

・求人作成→スキル:文章作成スキル

・商談→実績:売上〇〇円/達成率〇〇%

・資料作り→スキル:PowerPoint

・人材提案→スキル:課題解決スキル

・企業との価格交渉など→経験:交渉

まとめると、職務要約と自己PRが完成しま

参考

・経験:

ビジネスメール、電話対応、価格交渉、営業経験

・身についたスキル:

マーケティング、新規テレアポ、PCスキル(Excel、Word、PowerPoint)、資格、文章作成、課題解決

・実績:

売上〇〇円/達成率〇〇%

テレアポ獲得〇〇件/日

・エピソード:

売上目標達成

具体的な工夫など

ポイントは、目に見えるスキル、実績だけでなく、目に見えない経験も追記すると、転職活動にも活かせます。

STEP③ 今までの職歴全てで、同じ作業を繰り返す

3つ目は、①②の作業を、経験社数分、繰り返し作成します。

重複するスキルや経験も出てくるので、まとめていくと良いでしょう

全て洗い出せたら、次に職務経歴書を作成します。

STEP④ 履歴書、職務経歴書を書いてみる

4つ目は、キャリアの棚卸し後に、履歴書・職務経歴書を書いてみるです。

書類を準備しておくことで、下記のメリットがあります。

メリット

・良い求人が出てきたらすぐに応募できる

・今の自分の市場価値がわかる

・転職活動をいつでも始められる

下記の、ハローワークインターネットサービスより、履歴書などダウンロード可能ですので、是非、今の自分を棚卸ししてみてください!

・履歴書の書き方も知りたい方は…

【見本あり】履歴書の書き方|シンプルが一番!現役転職エージェントが解説

・職務経歴書の書き方を知りたい方は…

【見本あり】職務経歴書の書き方|転職2回のエージェントが解説

 

ここまで読んで、「1人じゃ、キャリアの棚卸しができるか不安」「誰かにアドバイスしてほしい!」という方がいれば、転職エージェントをおすすめしています。

私も過去にお世話になった、リクルートエージェントなら、業界別で強みを持ったキャリアコンサルタントが、棚卸しから応募書類作成、面接フォローなど無料でサポートしてくれます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

記事の内容をまとめると…

【キャリアの棚卸しとは『転職の土台作り』】

「これまでやってきた仕事の実績・経験・スキルを洗い出し整理すること」

【キャリアの棚卸しのメリット4つ】

①自分に合う求人を探しやすく

②履歴書・職務経歴書に活か

③面接に活か

④自分の市場価値を知れ

【キャリアの棚卸しのやり方4ステップ】

STEP① 今の仕事内容を箇条書き(細か)

STEP② 実績・スキル・経験・成功、失敗エピソードを書き出

STEP③ 今までの職歴全てで、同じ作業を繰り返

STEP④ 職務経歴書へまとめて

 

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです!

キャリアの棚卸しの次は…

【見本あり】履歴書の書き方|シンプルが一番!現役転職エージェントが解説

【見本あり】職務経歴書の書き方|転職2回のエージェントが解説

 

転職活動全体の進め方を知りたい方は、【転職活動】スタート~内定までの3つの流れ・準備の重要性を解説をご覧ください。

-転職活動

Copyright© テンフクブログ〜転職・副業ノウハウで人生1UP〜 , 2022 All Rights Reserved.