転職で年収上がりすぎて不安|労働条件通知書5つの確認項目

こんなお悩みありませんか?

悩み

・転職で内定でたけどオファー年収高すぎ!どうすればいい?

・そもそも転職で年収が上がりすぎることはあるの?

・転職で年収が上がる人の特徴は?

・年収が上がるとプレッシャーや怖さがあって不安

・どうやったら年収を上げる転職ができるの?

年収がいきなり100200万円UPしたら嬉しいけど、不安にもなりますよね!

この記事で得られる未来

  • 年収が上がりすぎた時のチェック項目をプロ目線で知れる
  • 年収が上がる基準を理解して転職活動ができる
  • プレッシャー怖さを受け入れる方法を知れる
  • 年収UP転職を実現する転職サービスを知れる

▼この記事の信頼性

この記事では下記の目次内容を解説していきます。

一緒に年収アップする転職方法を学んでいきましょう!

年収UPする転職サービス

転職で年収はどれくらい上がる?「34.6%」

転職で年収が上がる人ってぶっちゃけどのくらいいるの?

 

結論、約3割が年収UPしています。

厚生労働省が出している「令和3年転職者実態調査の概況」によると…

転職で賃金が増加した人 34.6%

(1割以上の増加23.7%・1割未満の増加11%)

・減少した人 35.2%

・変わらない 29%

厚生労働省HP 「令和3年転職者実態調査の概況」

年収UP幅はどの程度なの?

 

結論、前年収の1割以上UPが多いです。

 

年収100万円UPを超えてくると、『年収が上がりすぎて怖い』状態になってきますね。

では具体的に、年収が上がりすぎる原因と要チェックポイントを見ていきましょう。

転職で年収が上がりすぎて怖い|労働条件通知書の5項目チェック

転職で年収が上がりすぎる理由は主に下記の4つです。

①転職前の年収が低すぎるから

②伸びている業界へ転職したから

③今までの経験が正当に評価されたから

④転職先の企業がブラックだから(インセンティブ要素が高い・固定残業手当の割合など)

 

①〜③であれば特にそのまま転職GOですが、④ブラック企業にぶち当たると転職後に苦労します。

 

④ブラック企業にぶち当たらない為にも内定承諾前に『労働条件通知書』を必ず企業へ依頼して下記の項目をチェックしましょう。

※下記にもある通り、採用時に企業は雇用者に対して『労働条件通知書』の提示が義務化されているからです。

労働基準法第15条第1項には、「使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。」と規定されています。

引用元:厚生労働省 HP

要チェック5項目

  • 基本給
  • インセンティブ、歩合給
  • 固定残業代、対象時間
  • 試用期間と条件変動
  • 固定手当、変動手当

それぞれ詳しく解説します。

①基本給

年収が上がりすぎて不安な時は、基本給の額面を把握しましょう。

理由は、基本給は固定で支給される金額だからです。

 

基本給を把握することで逆算して残りの変動給(諸手当・賞与・インセンティブ・交通費など)を割り出すことができます。

基本給最低賃金レベルに低い場合は要注意です。

②インセンティブ、歩合給

インセンティブ、歩合給の記載を必ずチェックしましょう。

なぜなら、年収1,000万円で採用と言われて労働条件通知書を見たら、基本給のみの記載だけになっている可能性が高いからです。

 

インセンティブや歩合制度があれば、記載されているはずなのでチェックしましょう。

具体的には「入社後をよりイメージしたいので、インセンティブ・歩合の具体的な評価方法を教えてください」と聞いてみましょう。

③固定残業手当、対象時間

「固定残業手当」と「対象となる時間」を確認しましょう。

理由は、固定給の中に膨大な時間の固定残業代が含まれている可能性があるからです。

 

固定残業手当(みなし残業)=毎月支払われる固定給に含まれる残業手当のこと

例:月収250,000円(基本給180,000円+固定残業代70,000円(月40時間分)

※40時間を超える時間外労働には別途残業代を支給

必ず「固定残業代」と「対象となる時間」の両方をチェックしましょう。

④試用期間と条件変動

試用期間と条件変動は要チェックです。

なぜなら、年収1,000万円で採用と言われたのに試用期間中300万円台で、評価によって試用期間後も変動してしまう可能性があるからです。

 

労働条件通知書が試用期間中のみであれば、「試用期間後の見込みの労働条件通知書も提示をお願いします。」と伝えましょう。

⑤固定手当、変動手当

固定手当と変動手当も必ず確認しましょう。

理由は、年収1,000万円と求人に書いてあったのは手当が全て含まれた場合のみという可能性があるからです。

 

固定手当=毎月固定で支給される

例:固定残業手当(みなし残業)・皆勤手当など

変動手当=対象となる人に支給される

例:交通費・家族手当・単身赴任手当・住宅手当・単身赴任手当など

転職で年収が上がる人の特徴

転職で年収を上げるにはどうすればいいの?

 

答えは、下記の5つです。

【年収UPの5つのコツ】

①年収相場が高い”業界”へ転職

②年収相場が高い”職種”へ転職

経験を活かせる”業界・職種”へ転職

④年収相場が高い”会社”へ転職

25~35歳の間に、年収アップ転職を狙う

続きはこちら
転職の年収アップ相場は「+10〜20%」|上げるコツ5つをプロが紹介!

続きを見る

おすすめは転職エージェントの力を借りることです。

今まで出会えなかった非公開求人や、自分の魅力を企業へ売り込み年収UP転職を実現してくれるらです。

詳しくは記事の後半で紹介します!

年収が高くてプレッシャーに負けそうな時

年収が高くてプレッシャーに押し潰されそうです。

 

そんな時は「プレッシャーを受け入れてプラス変換」をしましょう!

せっかく年収UP転職が叶うのであればプレッシャーは付き物です。

受け入れることで気持ちが楽になり、仕事に前向きになれます!

年収UP転職する為の転職サービス紹介

年収UP転職を実現するための転職サービスをご紹介します。

年収UPする転職サービス

ビズリーチ|企業・優良ヘッドハンターからスカウトが届く!ハイクラス転職サイト

こんな方におすすめ

  • 年収500万円以上の方
  • 業界・職種で強みをお持ちの方
  • マネジメント経験・役職経験がある方

ビズリーチは、優良企業や一流のヘッドハンターからスカウトが届く『ハイクラス転職サイト』です。

職歴レジュメを充実させることで、質の良いスカウトを受け取ることができます。

私も実際に登録しており、普段出会えない求人や、ヘッドハンターとメッセージのやり取りができる事に、魅力を感じています。

ココがおすすめ

・年収1,000万円の求人が全体の3分の1以上!
・厳選された優良企業とコンタクトが取れる!
・基準を満たした優良ヘッドハンターからスカウトが届く!

ココに注意

・登録審査に落ちる事がある(低い年収・スキル経験が伴わない場合)
・無料版と有料版で質が違う
(無料版では、一部スカウトのみ閲覧可能・求人応募も特集求人のみ・ヘッドハンターもプラチナスカウトのみ閲覧可能)

私の場合は、無料版で登録しています!

今すぐ転職しない場合でも、無料版から始めて十分、自分の市場価値を把握できます!

JACリクルートメント|30代〜50代の管理職への転職におすすめ!

ジェイエイシーリクルートメント

こんな方におすすめ

  • 管理職への転職を目指している方(年収600〜1500万円)
  • 管理職・技術職・専門職で転職を考えている方
  • 外資系への転職を考えている方

JACリクルートメントは、30代〜50代でハイキャリアな転職を考えている方に、おすすめの転職エージェントです。

理由は、業界・職種に精通したおよそ800名のキャリアコンサルタントの徹底したフォロー。

25000社の企業求人の60%は非公開求人なので、普段出会えない求人を紹介してもらうことができます。

企業を熟字しているからこそ、求職者のキャリア・強みを把握し、マッチングできるパワーがハイクラス転職を可能にしています。

ココがおすすめ

・管理職求人多数!
・外資系企業への求人情報が豊富

ココに注意

・人による当たり外れがある(他社エージェントとの併用で解決)
・自身の経験・スキルが伴わない場合、該当求人がない場合がある。

 

まとめ

今回は「転職時に年収が高すぎる場合どうすればいいか?」について解説しました。

条件の確認も大切ですが、そもそもの転職活動の正しい手順や転職エージェントの活用についてはさらに重要です。

以下の記事では「在職中・転職活動の正しい6ステップ」「おすすめ転職エージェント」について解説しているので、ぜひ合わせてお読みください。

【転職活動】6ステップ(準備〜入社まで)を解説|在職中でも安心!

続きを見る

【20代・実体験あり】おすすめ転職エージェント3選+特化サイト|プロが解説

続きを見る

【30代から】おすすめ転職エージェント4選+特化サイト|プロも活用中!

続きを見る

-転職活動