転職の年収アップ相場は「+10〜20%」|上げるコツ5つをプロが紹介!

この記事は、こんな悩みに答えます。

悩み

・転職市場の年収アップ相場を知りたい

・転職で年収アップするには何が必要?

・希望給与はいくら?転職で給与交渉するときのコツを知りたい!

・転職で年収UPする方法を知りたい!

 

転職の年収アップ相場と、転職方法を知ることで、自分の年収UPに近づきます!

この記事の結論

  • 転職で年収UPできる人は全体の39%
  • 年収UPした人の相場は、前職比+10〜20%UP
  • 年収UP転職は、業界・職種・会社の情報収集が大切
  • 給与交渉は、タイミングと伝え方が重要

 

▼この記事の信頼性

記事の内容

・転職の年収アップ相場は「+10〜20%」|転職する人増加中

・年収アップ成功のコツ5選|業界・職種・経験・会社・年齢

・転職で年収アップするための4ステップ

・給与交渉をするタイミング|書類選考・面接・内定時の伝え方

それでは解説していきます。

転職の年収アップ相場は「+10〜20%」|転職する人増加中

転職で年収アップしている人の相場を知りたいです…

 

気になりますよね!結論から言うと、前職比+10〜20%アップです。

 

厚生労働省が出している「令和2年転職者実態調査の概況」によると…

転職で賃金が増加した人 39.0%

・減少した人40.1%

・変わらない20.2%

・不明 0.7%

厚生労働省HP 「令和2年転職者実態調査の概況」

 

◆年収アップした人の平均相場は、前年+10〜20%UP

具体例:年収400万円→転職後に年収440〜480万円

年収アップした方の内訳:

3割以上増加:7.2%

1割以上3割未満増加:20.6%

1割未満増加:11.1%

厚生労働省HP 「令和2年転職者実態調査の概況」

転職で年収アップするコツ5選|業界・職種・経験・会社・年齢

転職で年収アップするためにはどうすればいいですか?

 

年収アップには、さまざまなコツが必要です!

【年収UPの5つのコツ】

①年収相場が高い”業界”へ転職

②年収相場が高い”職種”へ転職

経験を活かせる”業界・職種”へ転職

④年収相場が高い”会社”へ転職

25~35歳の間に、年収アップ転職を狙う

 ①年収相場が高い”業界”へ転職

年収相場が高い業界へ転職することで、年収アップを狙います。

 

参考までに、国税局が出している「令和2年 民間給与実態統計調査」内の、業種別平均給与によると…

・電気・ガス・熱供給・水道業 715万円

・金融業・保険業 630万円

・情報通信業 611万円

・建設業 509万円

・教育・学習支援業 503万円

・製造業 501万円

・複合サービス事業 452万円

・運輸業・郵便業 444万円

・不動産業・物品賃貸業 423万円

・医療・福祉 397万円

・卸売・小売 372万円

・サービス業 353万円

・農林水産・鉱業 300万円

・宿泊業・飲食サービス業 251万円

引用元:国税局HP 令和2年 民間給与実態統計調査

②年収相場が高い”職種”へ転職

年収アップしやすい職種を知りたいです!

 

業界とは別で、職種も非常に大切ですよね!

私も日々、転職エージェントとして企業から求人依頼を受ける際に、歩合の割合が多い営業職や、IT人材不足に伴うエンジニアなどの需要が増えていることを実感しています!

【具体的には】

・営業職(保険・不動産・IT・人材など)

・コンサルタント(経営・組織など)

・システムエンジニア(AIなど)

・技術職(製造系の設計・生産技術など)

・バックオフィス(人事・経理など)

・管理職(経営企画・営業企画)

・専門職※資格必須(社会保険労務士・薬剤師・弁護士・医師・技術士など)

③経験を活かせる”業界・職種”へ転職

今までの経験を活かして年収アップしたいです!

 

やはり、即戦力転職(同業・同職種)が一番の近道になります!

【同業・同職へ転職の具体例】

・IT業界のSE:年収400万→IT業界のSE:年収450万

・人材紹介の営業:年収500万→人材紹介の営業:年収550万

・WEB業界のマーケティング450万→WEB業界のマーケティング年収500万

詳しくは、下記をご覧ください。

キャリアアップ転職は難しく考えない。3つの成功・失敗ポイントを紹介

④年収相場が高い”会社”へ転職

年収UP転職を狙うには、会社選びも重要ですか?

 

業種・職種・自分の経験も大切ですが、やはり”環境(会社)”も大切です!

 

年収が高い会社を知る方法は複数あります。

【具体的には】

・東洋経済オンラインの「平均年収が高い会社」特集

・日経電子版をチェック

・Yahooファイナンスで会社の平均年収をチェックできる

・リアル年収を見たければ、転職口コミサイト(転職会議

 ⑤25~35歳の間に、年収アップ転職を狙う

年齢も年収アップ転職に関係しますか?

 

正直にお伝えすると、関係あります。年収が上がりやすいのは25〜35歳までの転職です。

 

【25〜35歳の理由】

・20代前半:前年度年収がそもそも低いので、転職で上がりやすい。

・20代後半〜30代前半:今までの経験を活かしつつ年収UPさせやすい。

・35歳以降:現時点の年収が上がっており、転職での年収UPのハードルが上がるかつ、験をシビアに見られ始める。

年収増加した人の内訳(年齢層)

20〜24歳 46.5%

25〜29歳 46.3%

30〜34歳 48.6%

35〜39歳 40.6%

40〜44歳 41.7%

45〜49歳 39.7%

引用元:国税局HP 令和2年 民間給与実態統計調査

転職で年収アップするための4ステップ

年収アップ転職のコツはわかったけど、どうやって転職活動を始めればいいの?

 

転職活動するからには、年収アップ目指したいですよね!

 

具体的には下記です。

簡単な流れ

  • 転職目的と希望年収を決める
  • キャリアの棚卸しをする
  • 情報収集をする(求人サイト・転職エージェント)
  • 求人へエントリーする

 

①転職目的と、希望年収はどうやって決める?

転職の目的を決める理由は、目的=羅針盤だからです。

羅針盤がないと、目的地(年収UP転職)に辿り着けません。

 

【転職目的の決め方】

1.なぜ?転職しようと思ったのか。

2.転職で叶えたいことは?1年後・3年後どうなっていたい?

3.叶えたいことに優先順位をつけてください。

詳しくは、下記をご覧ください。

転職目的を整理する3つの質問|答えるだけでスッキリします。

②キャリアの棚卸しって何?

キャリアの棚卸し=転職の土台作りです。

紙に書くのが一番ですが、転職サイトや転職エージェントの経歴欄に入力した方が、二度手間にならないです。

 

【キャリアの棚卸し手順】

1.今の仕事内容を箇条書き(細かく)

2.実績・スキル・経験・成功、失敗エピソードを書き出す

3.今までの職歴全てで、同じ作業を繰り返す

4.職務経歴書へまとめてみる

書き方の詳細を知りたい方は下記をご覧ください。

キャリアの棚卸しとは?転職の土台作り4ステップ

③情報収集はどうすればいいの?

情報収集の方法は、下記がおすすめです!

理由は、特性別で転職サービスを使い分けた方が、効率よく転職活動ができるからです。

◆総合型転職エージェント1〜2社

・日本最大級の求人件数!リクルートエージェント

・求人サイトと転職エージェント機能を併用!DODA

◆年収アップ特化型転職サービス1社

・年収600万円以上の求人案件が豊富・ヘッドハンティング型転職サイト!

ビズリーチ

※企業の人事担当及び優良転職エージェントから、直接オファーが届きます!

求人サイトとしても、閲覧可能です。(一部有料サービスあり)

◆転職クチコミサイト1社

・企業案件国内最大級100万件以上!会社の口コミ情報が充実している転職口コミサイト!

転職会議

④求人へエントリーするにはどうすればいいの?

年収アップを狙うのであれば、転職エージェントを活用しましょう!

【実体験】おすすめ転職エージェント7|選び方・活用方法を現役エージェントが解説

私も実際に、転職エージェントを通して+94万円年収アップに成功しました。

 

先ほどの、総合型・特化型の転職サービスを自分自身で選択して、年収アップしたいことを伝えましょう!

転職エージェントも使いながら自分でも転職活動を進めたい方は、下記もご覧ください。

「とりあえず応募は有効!」メリット・デメリットも解説

転職エージェントと直接応募どっちがいい?|結論【使い分け3ステップ】で、転職レベルを上げる。

給与交渉をするタイミング|書類選考・面接・内定時

転職で給与交渉ってしてもいいの?

 

中々言いにくいですよね…ですが、結論、給与交渉してもOKです!

なぜなら、自分の最低希望条件が年収UPだとした場合、それをクリアできないとすると、そもそも転職する意味が無いからです。

【給与交渉するタイミング】

1:応募時の履歴書に記入

2:面接時に口頭で伝える

3:内定後に交渉

<大切なこと>

希望給与を伝えるタイミング

年収アップの伝え方

全て希望が通るとは限らないと心得る

詳しくは、下記をご覧ください。

【転職で給与交渉】タイミングと伝え方(例文)を現役エージェントが教えます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

転職の年収アップ相場を知ることで、転職市場のリアルを理解してもらい、

自分を知ることで、目的地と自分のギャップを理解でき、年収アップに必要な事が見えてきます!

30代からの年収UPを目指す場合は、下記をご覧ください。

30代から】おすすめ転職エージェント4選+特化サイト|プロも活用中!

もしも今の会社で働き続けたいけど、年収アップしていきたい!と思っている方は下記もご覧ください!

社会人におすすめの副業8選|選び方・注意ポイントも解説

 

この記事が、皆様のお役に立てれば幸いです。

-転職活動

Copyright© テンフクブログ〜転職・副業ノウハウで人生1UP〜 , 2022 All Rights Reserved.