転職の失敗例5つから学ぶ|再転職の成功方法をプロ解説

こんなお悩みありませんか?

悩み

・転職に失敗して辞めたい!どうすればいいの?

・やっぱりすぐに辞めるのはダメなの?

・転職に失敗しない為にはどうすればいいの?

・もう1度、再転職をしたいけどどうすればいい?出戻りはアリ?

転職を失敗させない為には、「自己分析」「転職口コミサイト」「転職エージェント」の活用が必要です。

転職ノウハウを共有して記事の最後で紹介します。

この記事で得られる未来

  • 転職に失敗した原因と辞める判断基準がわかる
  • 辞めるタイミングを知って道筋が見えてくる
  • 転職に失敗しないための方法を知れる
  • 再転職や出戻りのコツを知って転職成功に近づく

▼この記事の信頼性

この記事では下記の目次内容を解説していきます。

一緒に転職に失敗しない方法を学んでいきましょう!

転職成功へ導くサービス

転職に失敗した!辞めたい|まず現状整理

転職に失敗しました…辞めたいけどどうすればいいの?

 

結論は、まず冷静に現状整理をしましょう。

理由は、整理しないまま勢いで再転職しても失敗する確率が高いからです。

 

具体的には、転職に失敗したと感じている理由を洗い出します。

例えば…

・入社したらブラック企業だった

・事務で入社したのに営業をやらされた

・会社の業績が悪化していた

・転勤なしと言われたのに転勤ありだった

気持ちを書き出して整理すると、コントロール可能・不可能が見えてきます。

コントロール可能な場合は、もう少し仕事を続けて様子を見てOKです。

コントロール不可能な場合は、再転職を視野に動きましょう。

 

それでは、具体的な転職失敗談を、700人以上の転職相談からご紹介します。

よくある転職の失敗例5選と解決策

700人以上の転職相談の中で、よく聞く転職失敗談が下記の5つです。

失敗例5つ

  • 環境がしっくりこない|自己分析不足
  • 思ったより仕事が大変|企業・業界研究不足
  • 求人と雇用条件が違う|労働条件通知書の確認不足
  • 焦って転職してしまった|退職後に転職活動
  • 人間関係が最悪|覚悟と情報収集不足

 

それぞれ原因と解決策を紹介します!

 ①何かしっくりこない|自己分析不足

転職したけど何かしっくりこないんですよね…

 

それは”自己分析不足”ですね。

転職軸や希望条件・価値観を整理しない状態で転職すると起きます。

対策としては…

転職軸を決める

希望条件に優先順位をつける

仕事をするときの価値観を整理する

転職アプリミイダス 」で無料自己分析を行う

私も自己分析をする際は、ミイダスを利用しています!

自分の価値観や合う仕事がレポート式に出てくるので非常に参考になりました!

②思ったより仕事が大変|企業・業界研究不足

想像よりも仕事が大変でついていけません。

 

原因は、企業・業界研究不足ですね。

転職前に、企業の事業内容・業界の成長性・やりがい・大変な部分を知ることで解決します。

対策としては…

企業HP、採用ページをチェック

四季報、日経などで業界情報を知る

Yahoo!仕事カタログで仕事内容を調べる

転職口コミサイト(転職会議)で、企業の在職・退職者の口コミを見る

私も事前情報を集める際に、転職会議を利用して口コミチェックをしています!

③求人と雇用条件が違う|労働条件通知書チェック

求人や面接内容と、転職後の雇用条件が全然違います…

 

原因は、労働条件通知書の確認不足ですね。

内定後に企業へ「労働条件通知書」を依頼しましょう。

対策としては…

通知書内の不明点は内定前に確認する

面接内で求人内容について質問しておく

④焦って転職してしまった|退職後に転職活動

次を決めずに退職して、なかなか採用が決まらず焦ってしまった…

 

原因は、誰にも相談せず仕事を辞めて、一人で転職活動したことで起こっています。

対策としては…

・在職中に転職活動をする

・転職エージェントへ相談する

 

私も実際に転職エージェントに登録して、在職中に転職活動を行なっていました。

求人を紹介してくれるだけでなく書類添削や面接調整までサポートしてくれるので、結果良い転職先に巡り会えました。

【20代・実体験あり】おすすめ転職エージェント3選+特化サイト|プロが解説

続きを見る

【30代から】おすすめ転職エージェント4選+特化サイト|プロも活用中!

続きを見る

⑤人間関係が最悪|覚悟と情報収集不足

転職後の人間関係が最悪で辞めたいです…

 

原因は、情報収集不足と人間関係はどこにでもあるという覚悟不足になります。

 

対策としては…

・面接での企業風土の確認

・口コミサイトチェック

・人間関係はコントロール不可能と認識する

続いて転職失敗についてよくもらう質問についてお答えします。

「転職 失敗」についてのよくある質問3つ

転職・失敗の質問

①前の会社に出戻りはあり?

②転職に失敗した時、辞める時期はどうすればいい?

③転職に失敗したら人生終わりですか?

それぞれ回答していきます。

前の会社に出戻りはアリですか?

結論、出戻りはアリです。

ただし下記のメリット・デメリットを理解する必要があります。

 

<メリット>

・働いたことがある環境でミスマッチが少ない

・スキル、経験をそのまま活かすことができる

・一度、社外へ出ているので新しい視点で職場を見れる

<デメリット>

・周りの目が気になる

・前と同じ雇用条件とは限らない

出戻りの方法としては、直接前職へ連絡することをお勧めします。

理由は、求人サイト・転職エージェント経由だと企業側に採用コストがかかるからです。

転職に失敗した時、辞める時期はどうすればいい?

結論、失敗と確定したら早めの転職が理想です。

 

転職失敗の判断は、転職目的を達成することができる・できないかで判断しましょう。

無理して3年は働こうと思っても、その期間が勿体無いです。

ただし、転職軸に少しでも関われるようなら期限を決めてまずは頑張ってみましょう。

転職に失敗したら人生終わりですか?

結論、人生終わりではないです。

 

理由は、日本の企業数は約367万社(2021年6月時点)あるからです。※経済産業省調べ

転職に失敗したとしても、落ち込むことはありません。

転職がダメなら、副業・起業など手段は豊富です。

再転職を成功させる|3つの転職サービスを活用する

もしも転職に失敗して、どうにもできなと判断したら”再転職”を視野に転職活動を始めましょう。

失敗を繰り返さないように転職支援サービスを利用をお勧めします。

私も実際に活用して転職成功することができました。

転職成功へ導くサービス

おすすめ自己分析ツール|ミイダス

「転職するか・現職に残るか」こんな時におすすめなのが自己分析ツールです。

実際に私が無料で使用した自己分析ができる転職アプリをご紹介します!

  ミイダス(コンピテンシー診断)
対象者 ミイダス登録者(無料)※登録は3分で完了
実施時間 25分
設問数 202問
診断結果 マネジメント資質・パーソナリティの特徴・職務適正・上下関係・ストレス耐性などが図解でわかる
デメリット 時間がかかる。※その代わり詳細な自己分析データを受け取れる
活かせる事 無料で適職がわかる今の会社に残るか、転職するか判断材料になる
その他 職歴を詳細に入力する事で面接確約オファーが届く・適正年収診断ができる

コンピテンシー診断を受けてみて、自分の適正がわかると、現職に残るか・転職すべきか判断ができました!

もちろん登録することで、企業からの面接確約オファーも届くので、転職活動にも非常に役立ちます!

実際に私が受けた適職結果も下記のようにPDF保存ができるので便利です!

※筆者のコンピテンシー診断結果

転職会議|リアルな口コミをチェック!

こんな方におすすめ

  • 転職エージェントの情報だけで判断できない
  • 従業員のリアルな口コミも知りたい
  • 転職後に、後悔したくない
転職会議は、私も実際に使用したことがある、転職口コミサイトです。

ココがおすすめ

・国内最大級100万件以上の企業情報が見れる!
・会員数500万人以上!日本中の企業の口コミがチェックできる!
・転職会議独自の求人+大手求人サイトの募集案件もチェックできる!

ココに注意

【自分の企業口コミを投稿(無料)】or 【口コミパスを購入(980円/月※税別)】をしないと口コミ全てを観覧できない。
※それぞれ、口コミ閲覧の期間期限あり ※サービス内容が変動することもあるので、詳細は転職会議HP内をご確認ください。

リクルートエージェント|業界最大手・幅広い年齢層に対応!

こんな方におすすめ

  • 幅広い求人情報から仕事を選びたい人
  • 書類選考・面接対策など手厚いサポートが必要な人
  • どこに登録して良いか迷っている人
私も、実際に転職サポートしていただき、お世話になった転職エージェントです。

公開・非公開求人合わせて、30万件以上の求人数を誇ります。

業界別で専任のキャリアコンサルタントがおり、スピーディーに求人案内や、書類・面接アドバイスも丁寧です。

ココがおすすめ

・求人案内が豊富◎
・書類添削、面接対策が手厚い◎
・条件交渉も行ってくれる◎

ココに注意

・3ヶ月でサポート期間終了※何もアクションしない場合のみ

まとめ

今回は「転職に失敗した時の原因と対策」について解説しました。

転職に失敗したと思ったらまずは冷静に対処しましょう。

そして、そもそもの転職活動の正しい手順や転職エージェントの活用についてはさらに重要です。

以下の記事では「在職中・転職活動の正しい6ステップ」について解説しているので、ぜひ合わせてお読みください。

【転職活動】6ステップ(準備〜入社まで)を解説|在職中でも安心!

続きを見る

-転職活動