退職願と退職届の違い|書き方見本あり!タイミングが大事。

この記事は、こんな悩みに答えます。

悩み

・退職願と退職届の違いを知りたい

・退職する前に確認することはある?

・それぞれ出すタイミングは?

・退職願、退職届の書き方を知りたい

 

私も転職する時に、同じ悩みがありました。正しい退職の流れを知らないと苦労します! 

この記事を読んで得られること

  • 「願と届」の違いを知るとスムーズになる
  • 退職前に、確認しないと後悔するポイントがわかる
  • 退職願、退職届の正しい書き方がわかる
  • 退職交渉〜転職完了までの流れがわかる

 

▼この記事の信頼性

記事の内容

・退職願と退職届の違い|タイミングが命

・【退職前に!】5つの要チェック|後悔しない為。

・【見本あり】退職願と退職届の書き方

・退職について|Q &A

それでは解説していきます。

退職願と退職届の違い|タイミングが命

退職願と退職届の違いは、”目的”と”タイミング”です。

【退職願】

目的:◯月◯日で、退職したいと”お願いする”書類

タイミング:初めて退職を願い出る時に提出する

取消しの有無:受理されていない場合のみ、取り消せる

 

【退職届】

目的:◯月◯日で、退職することを”通告する”書類

タイミング:会社に退職が認められた後に提出する

取消しの有無:基本、取消しは難しい

あれ?よくドラマで「辞表」を出してるイメージがあったんですが…

 

仕事辞める時は「辞表」のイメージですよね!でも実は役割が違うのです。

 

【辞表】

公務員や、会社の社長・役員などの経営層が、辞めるときに出す書類です。

【退職前に!】5つの要チェック|後悔しない為。

5つのチェック

  • ①本当に仕事を辞めるのか考える
  • ②次の仕事は決まっているかチェック
  • ③就業規則や有給残日数を確認
  • ④退職金・確定拠出年金などをチェックする
  • ⑤退職を「いつ・誰に・何を伝えるか」を考える

 

①本当に仕事を辞めるのか考える

まず、本当に仕事を辞めるべきかもう一度考えましょう。

なぜなら、勢いや現状から逃げたいだけで辞めると、 転職後にまた同じ理由で辞めるケースが多いからです。

 

具体的には、「仕事を辞めたい理由を書く出す」作業をすると、気持ちが整理されます。

詳しくは、下記をご覧ください。

【リアル】仕事を辞めたい理由8選と対処法|600人以上の転職相談から解説

②次の仕事は決まっているかチェック

仕事を辞める場合は、次の転職先が決まってからの方が良いです。

理由は、空白期間が長くなると、転職に不利になっていくからです。

 

具体的には、在職中に転職エージェントに登録して、自分に合う求人を代わりに探してもらう方法もあります。

詳しくは、下記をご覧ください。

【実体験】おすすめ転職エージェント7|選び方・活用方法を現役エージェントが解説

③就業規則や有給残日数を確認

退職願を出す前に、就業規則をチェックしましょう!

なぜなら、会社としての決まりで、退職を申請する期限が設けられているからです。

 

【会社の就業規則】

例えば…

・退職を申し出る際は、退職日の1ヶ月以上前に申し出る事

次の転職先が決まっているので、1ヶ月も残ってられないです!

そうですよね!実は、期間の定めのない場合(正社員など)は、民法では退職申し入れから”2週間”で退職することができます。

 

注意ポイント

民法(2週間前) > 就業規則(○ヶ月前)

※民法の方が効力が強いです。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:厚生労働省ホームページ内 民法627条1項

※有期雇用(契約社員・アルバイト)や派遣雇用の場合、「やむを得ない事由」がない限りは、期間途中で退職することはできません。(民法628条)

原則は、就業規則に沿って退職交渉を進める方が良いでしょう。

さらに、有給残日数も退職申請する前に、調べておくと良いでしょう!

なぜなら、退職日から逆算して有給消化をする段取りが組めるからです。

④退職金をチェックする

退職を申し出る前に、”退職金・確定拠出年金”の額を確認しましょう!

理由は、タイミングによって金額に変動があるからです。

就業規則などに、計算式があれば自分で計算してみましょう!

⑤退職を「いつ・誰に・何を伝えるか」を考える

退職の意思が固まり、退職願が準備できたら、「いつ・誰に・何を伝えるか」決めましょう!

これを決めないと、退職を申し入れた時に、止められる可能性があるからです。

 

具体的には…

【いつ?】転職先に内定もらい次第すぐor退職意思を固めたら

【誰に?】まずは直属の上司に伝える

【何を?】退職願・退職希望日・理由を必ず伝える

退職願は、退職の意思が固まった後に出すものです。

 

「やめようか迷っています」だと、結果退職できず、気まずくなってしまうので、

必ず【いつ・誰に・何を】を決めてから伝えましょう!

【見本あり】退職願と退職届の書き方

 

 

【退職願・退職届の書き方】

1行目に、大きめに退職願・退職届と書きます。

2行目に、私儀と書きます。(私ごとではありますが。という意味)

自己都合退社の場合、”一身上の都合により”と書きます。

<退職日について>※西暦・和暦は統一させましょう。

退職願の場合:希望退職日を書きましょう。文末は「お願い申し上げます。」

退職届の場合:確定した退職日を書きましょう。文末は「退職いたします。」

退職願・退職届の提出日を記載しましょう。

所属部署、氏名を記入し、名前の下に捺印しましょう(シャチハタ不可)

宛先:会社名、代表取締役社長が一般的です。(〇〇殿)自分の名前よりも上に書きましょう。

退職願・退職届について|Q&A

退職願・退職届の違いや、書き方は分かったけど、他にもわからない事があります!

 

そうですよね!私自身の転職経験と、転職相談でよくもらう質問に回答してみます!

・PC作成と手書きどっちがいいの?

結論、手書きが推奨されています。

理由は、退職願・退職届は、働く側からの”辞めたい意思表示”になるので、手書きにすることで丁寧さが伝わるからです。

ボールペンもしくは万年筆で書きましょう。

もちろん、PC作成でも問題ありませんが、企業によっては、

手書きでないと受け取らない会社もあるようなので、手書きが推奨されています。

・テンプレートは使っていい?

テンプレートを使用しても問題ありません。

退職願・退職届の書き方は、一般的にほぼ同じなので、テンプレートを見ながら作成した方が良いです。

・封筒はどうする?

退職願・退職届は、”封筒に入れて手渡しが基本です。

白色の無地封筒(郵便番号なし)を選びましょう。

・表面中央に「退職願or退職届」と書く。

・裏面左下に「所属部署&氏名」を書く。

・退職願、退職届は三つ折りで封筒へ入れる。

・裏面をのりで封をして、その上から「〆」と書く。

・どうやって渡せばいいの?

円満退社をしたいのであれば、手渡しが基本です。

諸事情により、難しい場合は、郵送でOKです。

郵送の場合は、添状を同封しましょう。

例:退職希望の旨・退職願or退職届を同封している旨・感謝の気持ち・敬具

・退職を決めてからの流れを知りたいです。

1、退職スケジュール(退職日を決める)

2、退職願作成

3、直属上司へ提出及び退職日相談

4、退職日決定したら退職届提出

5、引き継ぎ及び退職

転職も含めたスケジュールは下記を参考にしてください。

転職の平均期間・スケジュールの立て方を解説|情報収集のコツ9選も添えて。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

退職願と退職届の違いを知ることで、書く内容や提出するタイミングも変わります。

皆様の退職交渉の際に、お役に立てれば幸いです。

・転職活動、全般の流れを知りたい方は…

【転職活動】スタート〜内定までの3つの流れ・準備の重要性を解説

・まだ仕事が決まっていない方は…

【20代・実体験あり】おすすめ転職エージェント3選+特化サイト|選び方・活用方法を解説

30代から】おすすめ転職エージェント4選+特化サイト|プロも活用中!

・次の職場でキャリアアップを目指したい方は…

【キャリアアップ】何すればいい?3ステップ|転職・副業・仕事を上手く活用

-転職活動

Copyright© テンフクブログ〜転職・副業ノウハウで人生1UP〜 , 2022 All Rights Reserved.